資金繰りは絶対に失敗できないもの

資金繰りに失敗すればどうなるかと言えば、会社なら即倒産でもおかしくはありません。

個人事業主なら資金繰りが上手く行かなくてもそれほどダメージはありませんが、会社組織の場合には社員の給料が払えなくなったり、品物を仕入れることができなくなったりしてどうにもならなくなるケースがほとんどです。

ですから、資金繰りにだけは絶対に失敗は許されていないのです。
資金繰りに困らないように、前もって準備をしておくのが正しい経営者のあり方です。

必要になるお金は数ヶ月前には用意をしておいて、手をつけずにおきましょう。



そうすることで、急なトラブルが起こっても即倒産の憂き目は回避できます。

数ヶ月の余裕があれば、新しい資金調達の目処が立ちますから、会社の運営が続けていけます。

資金を上手に回すためには、売掛金の回収スピードが重要になります。

資金繰り情報なら、こちらをご参考にしてください。

可能な限り売掛金を早く回収することができれば、そのお金をすぐに必要な場所に回せます。

逆に買掛金については支払いをギリギリまで延長するのがセオリーです。

産経デジタルのお役立ち情報はこちらのサイトです。

そうすることで、倒産確率はぐっと下がるわけです。設備投資や不動産の購入、抱えきれないほどの人員の募集は控えておくのがいいでしょう。

そういった行為は、よほど業績が伸びている時にだけ行うものです。

いざとなったら、社長が自宅を使って不動産担保融資を受けるという手もあります。

会社でそのための手頃な不動産を所有しておくことも悪くはないでしょう。